月とパタパタ織物、のち時々マニアック

愛猫「月」と、織物を中心に超絶多趣味を繰り広げながらの毎日です。

月の投薬

普段行かない獣医さん、月のお薬を錠剤(体重に合わせたのか真ん中から割ったもの)をくれた。

いつもの獣医さん基本的に粉で、更に混ぜてくれる。

 

うちの月は、来て1年くらいで結石・膀胱炎になった事があるんだけど、その時はチュールに混ぜて鼻先に持っていくと素直に舐めた。

しかし、口が肥えた今では薬の匂い?味?で知らんぷり〜💧

貧血になって出されたお薬、ことごとく拒否されて、色々試したけど4日目でかーちゃん諦めた。

 

で、今度の錠剤だよ。消炎剤と抗生剤の2種類。

 

実は、かーちゃんのイトコ(余り親しくはしていない年一で会えば良い方)に獣医になった子がいる。

そのイトコから、ワンニャンに薬飲ませるコツ、と口角の部分に指で圧をかけると、人間もそうだが嫌でも口を開けるので、そこで口に放りこみゴックンさせる、と聞いていた。

…何だか無理矢理だけど。

 

この方法、粉だとできない。

錠剤半欠けならいけるか。

 

そりゃもうイヤそうに逃げますが、抱えて声かけて。

はい、がーんばれ!ゴックン!

 

飲ませた!と思ったらプイッと口から出したり。

出すなよ!

もう一辺、がーんばれ!ゴックン!

 

…毎朝、毎晩戦う。

 

そんな飲ませ方してるから、さて抱っこ、と抱き上げると薬飲まされる!とジタジタバタバタされるんだけども(T . T)。

久し振りに月のキックで手の皮剥けた。

でもしばらく放置していると、かーちゃーん!と呼びに来る。

 

あー、うちの子エエ子だなぁ(^_^;)

あんな事されても寄ってくるよ〜