月とパタパタ織物、のち時々マニアック

愛猫「月」と、織物を中心に超絶多趣味を繰り広げながらの毎日です。

月、通院開始

朝、10時に病院に預けられ、半日掛けて高栄養点滴。

夜8時にお迎え。

しばらくは、これで体力を温存して、確定診断の結果待ちして数種類ある抗ガン剤のうち、どの程度の治療を目標にするのかを決定します。

 

迎えに行ったら、入院室のケージの隅っこで引きこもり。かーちゃんの顔を見ても、睨み付けながらシッポをパッタンパッタン。

何だよ〜、置いてったから怒ってんの?

でも点滴したから、ちょっと元気になったでしょ?

しばらくしたら出てきて抱っこされて、帰って良いよという先生を待っていました。

 

人間の入院と同じで点滴のルートを確保されてるのでしばらくは抜針しません…

上から包帯巻かれてるのが嫌みたいで、手をプルプル振ってます。そして、1番嫌いなエリザベスカラー

 

外したらだめ、という先生の指示だけれど。

病院から借りてるカラーって硬いからガッツンガッツン当たるんだよね…

そして、本猫がお水飲みに行ってもフチが当たって飲めない…当然何か食べようともしない。

コソッとカラーを外した。

そして包帯を外そうとする。

阻止。

ソフトカラーを大急ぎで作らねば!

 

帰宅後ちゅーるをほんの少し舐めました。

…点滴しても、お腹は空くよね。

流動食も少し出してもらってるけど。やはり食欲はないらしい。

 

しかし、昨日よりももっと目付きとか動きがしっかりしている気がするので、やっぱり効果はあるんだな。

 

硬いカラーだと、寛いでもこんな感じ

f:id:starsaphire:20190919222650j:image

右手に留置針があるので、包帯で巻いてる。

 

以前、無いよりマシと作ったフェルトのカラー擬きに交換。

体温をキープするため、エアコンの中でちゃんちゃんこを着せてみる。

カメみたいだな。

まぁ、慣れない病院に預けられて、その分疲れただろう。

f:id:starsaphire:20190919223129j:image

でも、しばらく通わないといけないんだよ…💧

 

帰宅する直前、かーちゃんの朝食パンがなかったので、ちょっとコンビニに寄ろうとしたら、車を止めた瞬間に。

膝の上で熱い液体が。

まさかの。

うぉーい!?

 

点滴で水分も入れたのに、どうやらトイレを我慢していた模様。

そして、

かーちゃんのバカー!

寂しくて怖かったんだぞ!

という抗議のようです…💦

車のシート。だから本革仕様のシートなんて要らん💧

明日から介護シーツ敷かなきゃ。

 

闘病始めても、月は月でした…

まるでかーちゃんがお漏らししたみたいじゃん。お買い物行けないじゃん!