月とパタパタ織物、のち時々マニアック

愛猫「月」と、織物を中心に超絶多趣味を繰り広げながらの毎日です。

古くてもパワー

差し上げる約束の伯母のミシンをチェックに。

 

ミシンの台、脚元にニャンコが潜んでいました。

従弟宅のチロ。うっすらベージュの模様が出てきたけど、ほぼ白猫ちゃんです。

チロは昨年、従弟宅に来た子で1歳弱。

私が尋ねるといつも物陰に隠れてしまって、全身像見たの初めてかも。

手を伸ばすと、ニャー💦泣き叫んでいました。

従弟がチロのこんな声初めて聞いた〜って言うくらい。すぐにどこかに隠れてしまった。

猫には比較的懐かれる方なんだけどな〜💧

 

何でも、何かあった時にはいつもそこに逃げ込んでいるらしいのだけれど。

このミシン、他所に行っちゃうんだよ、チロ…💧

シェルター無くなっちゃうけど、ゴメン(>_<)

うちの月がチビの時使ってたケージあげようかな…

従弟にはイラネって言われそうだけど…

 

ミシンは流石に工業用。古いけどすごいパワーでした。何年か前に修理にも出してあったとか。

f:id:starsaphire:20180615212455j:image

これならデニム生地も楽々だわ。

なるほど台付きって、スカートとか広い生地をダーっと縫うのには良いよね〜

一緒に置いてあったロックミシンも動作確認OK👌

コレも海猫商店さんに活用してもらう。

 

母は、ミシンは引き取れないけどボディ(トルソー)はもらおう、と言っていたのだけれど。従弟が既に処分した後でした。ガッカリ。

「えー、だって足のとこ錆びてたから〜」

分からない人には、価値が無いという見本みたいなオチ。

 

あ、ミシンの上にあったカーブ尺もらおう!

従弟に言っておかなきゃ処分されるわ。