読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月とパタパタ織物、のち時々マニアック

愛猫「月」と、織物を中心に超絶多趣味を繰り広げながらの毎日です。

準備中…

課題の1作目は裂織りのランチョンマット。

私個人の考えとしては、裂織りって古くなった布を効率良く活かす先人の知恵、だと思っている。パッチワークもそう。

だから、新しい布を裂けっていわれるとちょっと抵抗があるんだけど、材料付きの課題だしね…
先生たちだって生徒の力量を見るのに一定の材料使ってないと困るよね…(ー ー;)

なので、ここは思い切ってビシッと裂く。

気合が入り過ぎると、実は反対側の耳を残さないといけないのに全部やっちゃうの。
意外と布目が分かると裂くのは簡単だったりする。
以前に自宅に有った洋裁用に買い置きの布地、長く置きすぎて焼けが入ってしまいパッチワークに使ったり、裂織りの練習に使ったりした。
その時調子に乗って裂いてると、端までビッとやってしまって、繋ぐ作業をする羽目になる。

思い切って、だけど慎重に。

しかし何となく思ったのだけど、この紫の布、量といい、エイサーの頭巾を思い出すんだよね〜(^^;;
青年達(ニーセーター)の頭の…

youtu.be