月とパタパタ織物、のち時々マニアック

愛猫「月」と、織物を中心に超絶多趣味を繰り広げながらの毎日です。

スマホ🆚ノートパソコン

スマホが3年超、ノートパソコンが7年使っています。どちらもそろそろ買い替えを検討する時期に来ている訳ですが。

正直言って、両方買うには金が足りない。

黄金伝説の後ろで流れてた曲が、脳裏で鳴り響く。

マネ、マネ、マネー♪

https://youtu.be/ETxmCCsMoD0

 

林檎教信者なんですけど、1番使いたいソフトは何だ、と熟考したところ、やはり「一太郎」!

趣味の一環なのよ駄文書き!

一太郎は、たった一度だけマック版が出たことがあります。version5…

 

一太郎なんて使うやついねーよとかいう声もあるけれど、日本語書くならやっぱり一太郎だよ。

ワードで十分とか言ってる人、作文できないとか原稿用紙の使い方知らんやつだと、密かに思ってるくらいに違う。

    もっとも、最近の新聞記事見ても、今の記者って日本語の訓練してないんだな、校正は何をやっとるのだと思う記事の多いこと。誤字脱字etc

    文章で食ってるはずの記者でさえワープロポチポチ、推敲もしないのか?と思うくらいなので、一般人に何を言ってもって思うよね(その辺り自分が一般人でないという自覚はあるつもり)。

    国語便覧とか、国語辞典の後ろの方に日本語特有の書き方、ルールが書いてある。

 

日本語が話せるからと言って、書き方の文法を知ってるとは限らない。

英語だって一緒だと思う。英語話せるアメリカ人イギリス人が、日本で習うような英文法分かるとは限らない…

 

それにしても最近のiOS変換のポンコツぶり、えいごって入力してるのに何故筆頭変換が映画なんだ…(ー ー;)、ATOK使いたい、いや有るには有るんだけど。

 

どちらにせよ、こだわりのツールであることは確かなんだろう…

こんなんで論文書けるかバカヤロー!とか文系が思っているように、数学の人とか理系の人なんかだと、こんなんで数式書けるかバカヤローとか思ってそうだ。

それぞれに、専用ソフトが有るには有るんだけど、一般からするとそんなもんいらねーと言われてしまう類の。(こんなの書いてて、ふと見たらOfficeでは数式エディタが削除されたらしい…)

でも、こだわる人にはそれが無いと始まらないようなヤツ。

 

…私にはそれが一太郎

 

長々書いておいて、タイトルに戻るけれども。

いくら林檎教信者でも。ノートパソコンとスマホが同等の値段ってどうなの…💦

 

私が使いたいのは一太郎なんだから、Windows機、できたら持ち歩きできるくらいの、昔でいうところのB 5ノートなんて無いかなと思ったら結局のところMacの方が安かったりして…

 

正直言って、調子が悪いとか言いながら使ってるMacBook Pro、7年経ってても別にスピードとかに不満がある訳でなく(会社で使ってるノーパソの方が遅いくらいだ)。

Windowsが起動できなくなったこと、そして時々やってくる再起動。この2点さえ無ければ買い替え考えなかったので、サクッと新しいiPhone、それもXとか買ってそう。

 

やっぱりさー、昔から言ってるけどVAIO C1(懐かしや。持ってたのはZ1-Pでした)くらいのサイズ感に、電話機能付けてくれたら最強だと思っている。

 

今ならできるでしょ、20年経ってるんだから…あの頃無理無理言ってたようなiPadが普通にある世界だもの。

そうしたら私2台買わずに済むんだけども…どこか作ってくれないかな〜