月とパタパタ織物、のち時々マニアック

愛猫「月」と、織物を中心に超絶多趣味を繰り広げながらの毎日です。

香害

世の中でこの数年言われている香害。

言われ始めは、香りの柔軟剤の流行からだと思いますが、柔軟剤の種類が減る様子は無いですね。

その代わり、香水の販売は目に見えて減った気がします。

実はお気に入りの香水が廃番になってしまい、涙しております。お店で最後の一本を買っておいたはずなんだけど、これがまた引越しのドサクサで行方不明。

セルジュ・ルタンスのフルール・ド・シトロニエ。

レモンの花の香り。レモンの爽やかさの中に、ひっそりとした華やかさがあって大好きでした。

オレンジの花の香水は廃されず残っていますが、華やか過ぎるんだ…

 

私は軽めの喘息持ちであるため、どうも匂いには人より敏感であるらしいです。

らしいと言うのも、だって自分ではそれが普通だと思っているから。

だけど、私が「匂いがする」と言っても誰も気付いていなかったり。

これが顕著になるのが、発作時とか呼吸の調子が悪い時。

意外とツライのは化粧品の匂いです。流石にそういう時は自分の付けた香水で死にそうになったり。頂きものですが、某超有名高級ブランドのハンドクリームでむせ返ったり。

特にファンデーション〜頬紅等の粉関係についている匂いがどうも苦手。

自分が塗るだけでなく、塗っている人の側に行くのもツライ。都心部のエレベーターなんて拷問…(ー ー;)

じゃあ女性が乗っていない男性だけなら良いかと言うと、ゴメンよ、ヤロー臭さが充満してるのも倒れそうになります。

そして、粉の匂いはマスクで少し防げるけどオトコシューはマスクで防げない。

 

誰かに揶揄された事も有るけれど、誰もいない所に行くしかないじゃないか?と本気で思うくらいなので。結構深刻。

うちでできる仕事を模索したい所。

 

で、香水。

柔軟剤って、家族全員同じ香りなんですかね?

家事をしている人の趣味に合わせて買うのでしょうが、それが家族全員に似合っているかどうか?分からないよね?

まさか、あの強い香りの柔軟剤に更に香水をプラスオンしてたらそりゃ香害だと思う訳です。

 

香水って、趣味で選ぶだけでなく付けている本人の体質、体調によっても香りが変化するもの。

同じ香水を付けても、同じ香りにならない。

最初の方でも書きましたが、好きな香りがまた合うとは限らないところがね。

合う香りを見つけるのって結構難しい。

そして、合う香りって結構気分転換になるんですよね( ̄▽ ̄;)

これもアロマだからと思いますが。

 

日本には元々香水なんて無かった!

とおっしゃる方もいらっしゃるのだが、その代わり香という文化があった訳で。

元は平安貴族の文化だったようだけれど、

香袋とか有るよね。

決して個人別の香りが無かった訳ではないんだな。

歩いている人みんなが付けてた訳じゃないけど。

 

あの強い香りの柔軟剤、要らんのと違う?

とか言いながら、自分は「本格消臭」を使っています。アレもそこそこ香るんだよね〜