月とパタパタ織物、のち時々マニアック

愛猫「月」と、織物を中心に超絶多趣味を繰り広げながらの毎日です。

消えたデザート

一時期流行って大好きだったデザート。

豆乳花(トールーファ)。中国方面由来のデザートだと思われますが、きな粉と黒蜜かける組み合わせが大好きだった〜〜

 

でも、流行が去ったらパッタリ店先で見かけなくなってしまった…T_T。

偶に、それっぽいのを自作してましたけども。

 

最近、また食べたい波がやって来て。でもやっぱリバイバルということもなくお店には無いので、自作。

 

私は豆乳にお砂糖とニガリを加えレンジでチンする方式を取っていたのだけれど。正に甘い豆腐。

 

最近見つけたクックパッドとかのレシピではゼリーを使うみたい。試してみた。

なんか質感が求めていた感じと違うんだな〜💧

弾力がありすぎる…

 

寒天でももっと弾き返しそう。

 

あのプルルンとした食感は、何だろう、カタクリか?

お試し、カタクリを使ってみるけど、火加減が難しい…(ー ー;)。そしてかき混ぜるのをサボるとあっという間に底の方にダマができてしまう。

…この苦戦感は、ジーマーミー豆腐に、近いものが。

 

結局。豆乳を火にかけながら、緩くなる感じの水溶きカタクリを少しずつ混ぜ、溶かしたゼライスを混ぜて冷やし固めるのがどうも近い感じ。トゥルン。

 

豆乳350cc

片栗粉大さじ1

ゼライス一袋(3グラム?)+お湯50cc

砂糖大さじ2

 

黒蜜分 粉黒糖大さじ2

            水大さじ2 

              合わせてレンジでチンする。深めのマグカップとかに入れておくとあとあと残っても色々使えます。

 

きな粉 お好みで。

 

作った時、目分量だったので少し狂いはあるかも知れません💧